看護師が着る白衣の意味をしっかり理解して購入しよう

複数の男女

ルールや目的に合う服装

病院

スクラブという言葉を初めて聞く人も多いでしょ。スクラブとは、医者や看護師の方が、手術を行う際に着る服のことです。普段の病院では、医者や看護師の方は白衣を着ています。白衣は、主に白いものが多いですが、スクラブの場合は、白ではなく緑や青いものが多いです。なぜ、スクラブは色が使用されているのかと疑問に思う人もいるでしょう。しかし、それにもしっかり理由があるのです。

医者は、手術を行う際にものすごく神経を集中させており、手術中は、内蔵や血管など赤いものをずっと見ておかなければなりません。しかし、それを長時間見続けると、目線を逸らした時に、赤い色が緑に見えてしまい、視界をチラつかせてしまう事があります。これを補色残像効果といい、これが起こることで、医者の目が撹乱を起こしてしまうのです。しかし、目が慣れるまでに時間がかかってしまい、そのような状態では、正常の手術が行えなくなってしまいます。それを阻止するために、手術着や手術室は、赤の補色である緑色を使用しているのです。緑色以外に青色でも支障がないため使用されています。このように、使用目的によってスクラブに使用される色が決まっているのです。

病院の医者や看護師は、白衣を着ている印象が強いですが、目的によって着る服が決められています。しかし、白衣やスクラブは立派な病院の制服であるため、病院内で仕事をしている人は、目的やルールに合わせた服装を着用することが大切です。

Copyright© 2016 看護師が着る白衣の意味をしっかり理解して購入しようAll Rights Reserved.